2011年12月12日

発表会

木曜日の午前中だけ、休みをもらって奏和の発表会を見てきた。

エルマーの冒険って言う劇を最後にやるんだけど、

園長先生からも、担任の先生からも、練習中から奏和の演技で泣いてしまうと言う情報を聞き、

まぁ、親バカにならない程度で、期待はしてたんだけれど、ビデオで必死なのもあってか、

そこまでウルウルはこなかったかな^^;

しかし、その前の唄で、ビデオを撮りながら、泣いてしまいました(苦笑)

本番前から、奏和が家で歌ってるのを聞いて、いい歌だな〜と思ってはいたんですが、

子供達のパワーに負けました。 

一度聞いただけで、何気なく口ずさめる歌、、、「名曲」とはこういう事だと思った。

本当は、撮った映像をココに貼りつけたいぐらいなんですが、

なんせ、他の子供達も映ってるので、マズイかと思って、やめます・・・。

あ、でも、mixiの方には、載せようかな〜。

Youtubeで、動画や曲は聞けると思うので、そちらをぜひ!!

歌詞だけでも、書いておきます。



「ね」

うまく言えそうにもないけど 今 おなかのど真ん中に
たしかに あったかいもの もってる まっすぐにつたえたい
 
いろんな 偶然が かさなって ここに こうして あなたと
一緒に いられることが ただ とてもうれしい

ね おじいちゃんになっても
ね おばあちゃんになっても
ずっとずっと いっしょに あったかく つきあってたいね ね ね

うまく いかないときも あるけど もう一度 やってみたら できた
負けるもんか がんばれ 子供たち あしたは 晴れるから

この大きな 青い地球(ほし)の上で こんなに近くなれるなんて
思いもしなかったから ただ とてもうれしい

ね おじいちゃんになっても
ね おばあちゃんになっても
ずっとずっと いっしょに あったかく つきあってたいね ね ね

そりゃ いろんなヤツがいるけど なんだかんだ言っても 気に入ってる
ほんとに みんなが しあわせに なれたらいいのにね
 
地球はまわる わたしも進む
みんな ちょっとちょっとずつ 変わってゆく
それでいいんだよ いついつだって 自分を信じよう

ね おじいちゃんになっても
ね おばあちゃんになっても
ずっとずっと いっしょに あったかく つきあってたいね ね ね

ずっとずっと いっしょに あったかく つきあってたいね ね ね



ね、いい歌詞でしょ??(ダジャレのつもりではない)

大きくなった時、奏和と友達が、あの歌よかったよね〜なんて、会話をするんじゃないかな〜。

俺の周りにも、大切な人達はいて、

今更、こんな恥ずかしい歌も歌えませんが、この歌の気持ちを届けたいと思います。

わらびもちも、高校のツレにも、バンドマンにも、祭りをやってる人にも、

祭りをやってない同年にも、色んな偶然が重なって知り合った人たちも、

う〜ん・・・・あと、嫁にもかな(照)

年をとっても、一緒に付き合っていたいね〜。。。。き、き、き、気持ち悪いか(涙)

写真→大変よくできました。(ビデオ、何回見ても飽きない・・・笑)

IMG_1263.jpg
posted by 大澤 明人 at 23:34| Comment(0) | 家族の思い出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。